自動化IoT相互運用性テスト:あなたが見逃す可能性がある巨大な商機

Nextgen | 2020年12月23日 | ブログ投稿

< すべてのブログ投稿

IoTは第4次産業革命と家電ブームの背後にある原動力として、その市場は急成長しています。

マッキンゼー社は、2023年までに430億個のIoTデバイスが流通すると予測しています。これは、地球上のすべての人に5個以上のコネクテッドデバイスです。

シスコは、2023年までにすべてのコネクテッド デバイスの50%がマシンツーマシン(M2M)になると予測しています。 Microsoftは、2021年の終わりまでに、企業の94%がプロセスでIoTを使用すると推測しています。

このように非常に多くのデバイスが急増すると、QA部門のテスト能力の限界に直面します。手動テストに依存しすぎると、ワークロードを管理できない可能性があります。市場投入までのスピードを維持または加速しながら、さまざまなデバイスとの相互運用性を確保するというプレッシャーは、あまりにも大きすぎます。

IoT相互運用性テストの自動化だけが、前進する唯一の実行可能な方法であり、関係者全員に大きなメリットをもたらします。

automated-iot-interoperability-testing-opportunities-featured

以下に自動化だけが解き放つ14の強力な機会と長所を説明します。

経済的な機会

  1. 自動化により、テストあたりのコストが大幅に削減できます。自動化プラットフォームとスタッフのトレーニングに必要な初期投資期間が終われば、テストコストの削減をすぐに確認することができます。

  2. 製品の自動化テストで提供されるより堅牢なテストが検証されると、顧客による解約の可能性が低くなり、エンドユーザー満足度が向上する可能性が高くなります。ブランドエクイティを損なわずに、既存顧客維持のためのコストを削減できます。

  3. 自動化された相互運用性テストにより、製造業者は人事コストを大幅に削減できます。テストエンジニアは一定水準以上の給与支給が必要であり、追加テストが増える場合、必要な人員を募集し維持する必要がありますが、自動化は、テスト需要が増加しても別途人員を募集する必要がなくなります。

  4. 自動化テストを導入しているメーカーは、顧客サービスの問題が少なくなります。これにより、消費者からの不満や問題を管理し処理および解決するための人員を節約できます。

  5. 欠陥を伴って市場にリリースされた製品は、評判維持に影響を与える可能性があります。既存の顧客を維持することが難しくなるだけでなく、新しいユーザーをブランドに誘致することも難しくなる可能性があります。株価や企業のバリュエーションも直接影響を受ける可能性があります。自動化は、このようなリスクの低減に役立ちます。

プロセスの機会

  1. サイクルタイム短縮は、自動化された相互運用性テストの大きなメリットです。自動化は、生産期限を確実に守るのに役立ち、ますます厳しくなる市場で競合他社に優位に立つことができます。

  2. 自動化テストツールは、欠陥分析の精度を大幅に向上させることができます。エラーに対する直接的な報告を提供することで、バグの説明責任をめぐる論争を回避できます。どの部分に問題があるかについて部品供給業者と戦う代わりに、より早く解決策に到達し、製品開発に集中できます。

  3. 一貫性の保証ができることが、もう1つの重要な利点です。自動化テストを設定には、テストを非常に厳密に定義する作業が必要です。また、人的エラーを排除するため、すべてのテストがまったく同じ方法で実行され、すべての結果を、自信を持って比較および分析できます。

  4. 手動テストでは、各テストに少なくとも1人のテストエンジニア、多くの場合はそれ以上のエンジニアを必要とする場合があります。これは、テストプログラムがテスト項目量の増加に従ってエンジニア数も線形に増加することを意味します。一方、自動化テストでは、テスト量が増加しても追加のスタッフを必要とせず、同時にテストを実行できます。これにより、QA機能が急速に拡張され、テスト目標達成に役立ちます。

テストの機会

  1. 複雑なテストは、手動テスターに​​とって大きな課題です。特に、装置が一度に複数の機能を実行できる場合、人間が自信を持って欠陥がある場所を正確に特定することは困難になります。そのため、手動テスタープロセスでは、可能な限り1つを除くすべての変数を削除しようとします。しかし自動化により、はるかに複雑なテストシナリオも容易に完了できるため、テストの多様性が高まり、テストカバレッジが向上します。

  2. 顧客の製品は、リリースされる地域毎に、異なる相互運用性の要求に直面することがよくあります。携帯電話とカーインフォテインメントシステムは、日本、韓国、中国、インド、ラテンアメリカ、北米などの市場で独占的にリリースされる2つの主要な分野です。そのため、ローカル製品の互換性を保証する必要があり、自動化されたIoTテストが最も迅速で効果的な方法です。

  3. 自動化テストは、すべての製品機能をすばやくテストすることにより、無線アップデートをテストするのに理想的です。既存ユーザーに配信されるOTAアップデートに問題ある場合、非常に大きな損害を与えるため、リリース前にこれらをしっかりと調査することが重要です。

  4. 世界中で複数のQAチームが活動している場合、自動化テストは、各チームが完了する作業の一貫性を確保するための最良の方法です。これは、市場投入までのスピードを維持するために重要な役割を担うため、大きな価値をもたらします。

  5. 自動化テストにより、機器メーカーはテストプログラム中にかなりのデバイスライブラリにアクセスできます。これにより、製品リリース前にバグを迅速に探し出し、テスト結果に対する最も広範なカバレッジ提供できます。

自動化テストは未来社会に適した唯一のオプションです

スマートシティ、スマートホーム、スマートファクトリー: 私たちの生活のあらゆる側面は、ほんの数十年前には想像もできなかった方法でテクノロジーに触れられています。

特に5Gが日々生活に現実に導入されるにつれて、コネクテッドデバイスの需要が増大することは今や疑う余地がありません。 どういうわけか、製造業者は追いつく方法を見つけなければなりませんし、そして自動化は重要な部分になります。

自動化テストは、テストサイクルのすべての領域で大きなメリットを提供します。 競争上の優位性を維持し、製品の信頼性を高め、必要に応じてテストを拡張できます。 それはまた究極的に財務の側面でプラスの影響を与えます。

手動テストはもちろん、ある程度の重要性を維持しますが、未来志向的なソリューションとしてその長点が非常に明白であることが予想できる、有益な自動化テストが選択されることになるでしょう。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter