QAチームが目標達成に向け、自動化相互運用性テストをどの様に利用するか

Nextgen | 2021年9月29日 | ブログ投稿

< すべてのブログ投稿

品質保証部門の役割は変化しています。品質保証の戦略的な重要性が増す中、その機能は広く認識されており、今やメーカー企業の持続的な成長に欠かせないものとなっています。Capgemini社の評価では、品質保証部門は「単なる欠陥の発見から、顧客満足とビジネスの成果を実現する原動力」へと進化しています。

これは、QAチームに課せられる要求の増加に反映されています。今日の経営陣は、十分なリソースを備えたQAチームの潜在的な影響力を認識し、それに見合った目標を設定しています。

QAチームに与えられた5つの目標は次の通りです:

  • 製品が出荷される前に不具合を検出する
  • エンドユーザーの満足度を高める
  • ビジネスの成長と成果に貢献する
  • ソフトウェアや製品の品質を向上する
  • 企業のイメージとブランド力を守る

このようなプレッシャーの増大に直面して、QAリーダーが可能な限りの利点の活用を求めるのも不思議ではありません。測定可能なビジネスの成長を確保しなければならない場合、ツールセットは非常に重要です。

上述した5つの目標を達成するための革新的なツールは、自動化です。

QA-teams-hit-their-targets-featured

自動化相互運用性テストは、QAチームに3つの主な利点をもたらします。

1. テスト速度向上

テストを迅速に実施できれば、指定時間内により多くのテストを完了できます。その結果、製品品質に対する大きな自信を持って、多くの製品を出荷できます。

自動化相互運用性テストは、プロセスの迅速化を約束します。

もちろん、自動化テスト導入の際には、時間と費用の両面で初期投資が必要です。テスト用プラットフォームの調達や適切なトレーニングも必要です。また、各テストでは、テストの考案とコード化に時間を費やす必要があります(事実、人工知能と機械学習は、データモデルを形成する上で重要な役割を果たします)。

しかし、そのような初期投資を経て、自動化の利点がすぐに明らかになります。

自動化テストは、テスト時間が短縮できるだけでなく、24時間365日稼働できます。これにより、勤務時間内しかテストを実施できない手動テストの制約がなくなります。

また、自動化によって、テスト1回あたりのコストも削減できます。さらに重要なことは、自動化には拡張性があることです。テスト需要が増加しても、自動化テストは問題なく対応できます。もし手動テストチームが同じ状況に直面した場合、キャパシティを増やすために追加の人的リソースを探し、新しいチームメンバーを採用しなければなりません。自動化の利点は、テストチームに負担をかけないことと、継続的運用の成功をサポートするためのリソースを常に確保できることにあります。

最後に、テストの自動化は、企業が競合他社に先を越される可能性を最小限に抑えます。製品リリースの遅れは、企業の評判やビジネスに大きな影響を与えます。

自動化テストを武器に、QAチームは成功のために有利な立場に立つことができます。

2. 堅牢なテストカバレッジ

自動化により、広範なテストシナリオを簡単に処理することができるので、テストカバレッジの向上を実現できます。これは、複数の機能や操作が同時に行われる可能性のある機器にとって重要なことです。また、手動テストとは大きく異なり、テスト担当者は一度に可能な限り少ない数の変数をテストすることで、正確な障害を特定するチャンスを最大化します。

自動化プラットフォームが生成する詳細なバグレポートとログは、もう一つの大きな利点です。サプライチェーン全体のアカウンタビリティを確保するのに役立ちます。テストの過程で発見されたバグを修正する責任の所在を明確にすることで、問題解決に向けた強力な動機付けとなります。さらに、自動化テストではテストシナリオを正確に繰り返すことができるため、バグが本当に修正されたかどうかを素早く検証できます。

堅牢なテストは、テストプロセスの一貫性の副産物でもあります。自動化テストでは、テスト方法を明確に定義しているため、すべてのテストを同様に実施し、全世界的に一貫性を保証することができます。

その結果、企業は異なる地域にあるテストサイトのデータを確実に分析することができ、実際のテストとの間に不一致が生じる心配はありません。広範なテストプログラムを調整するQAリーダーにとって、地理的偏差を避けることは大きな利点です。

自動化による堅牢なテストを提供する最終目標は、消費者の製品に対する大きな期待に応えることです。自動車や家電製品のような高額な商品では、発売前に重大なバグを発見し、確実に修正できるテストを実行できるのは自動化だけです。また、無線の更新も自動化によってテストすることができ、企業の風評被害を防ぐことができます。

3. 納期遵守率の向上

自動化テストプラットフォームを使用すると、手動テストでは不可能なこと、あるいは、少なくとも現実的ではないことが可能になります。例えば、デバイスライブラリは、管理やメンテナンスが容易で、自動化テストの日程やプロセスと素早く統合することで、最大のカバレッジを実現します。

さらに、自動化によって、24時間365日のテストが可能になり、手動テストよりも迅速かつ確実に多くのバグを発見し記録することができるため、テストサイクルを短縮し、「最初から毎回正確」なテストプロセスの実行が可能になります。

QA部門に自動化テストを導入することで、職場のモチベーションも向上します。自社製品が悪い評価を受ける心配がないので、テストエンジニアは仕事を楽しみ、自身の貢献に誇りを持つことができます。また、最新かつ最高のテストツールを使って仕事をすることに好奇心や、やる気が沸きます。このようにして、業界トップQAパフォーマーが安心して働ける環境を作ることができるのです。

貴社の能力を最大限に発揮するための第一歩

品質保証部門のリーダーであれば誰もが自動化相互運用性テストの利点について十分理解しています。しかし、最近では、経営幹部もその利点を評価しているというエビデンスが増えています。

 Tricentis 社の調査によると、テストの50%以上を自動化している企業は24%でした。この数字は、今後1年間で44%まで上昇すると予想されています。

10人中6人以上の回答者が、自動化テストによってテストサイクルが短縮され、テスト効率が向上したと答えています。また、半数以上の回答者がテストのカバレッジが向上したと答え、41%が自動化によってバグを早期に発見できるようになったと回答しています。

QAチームは、ビジネスの長期的な成功において重要な役割を担うようになり、自動化はさらに発展するでしょう。自動化は、回帰テストや反復実行から、負荷テスト、性能テスト、ストレステストに至るまで、消費者の要求を満たす堅牢な製品を作るために、今後も進化していきます。

自動化テストを取り入れることで、これらの全てを実現できます。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter