GNSSシミュレーションとATAM Connectを利用した車両インフォテイメント・ナビシステムの自動化テスト

Nextgen | 2022年6月29日 | ケーススタディ

< すべてのブログ投稿

車載インフォテインメント・ナビシステムは、国毎にテストされ、各国法規に準拠していることを確認します。2022年夏から導入される、新しいISA (Intelligent Speed Assistance)規制により、リアルタイムのロケーションベースサービスの厳密なテストが義務付けられています。ナビの自動化テストシステムがQA部門テスト業務の負荷をどのように軽減できるかを見ていきます。

「ナビシステム製品QA部門戦略の一部として位置情報の自動化テストを利用して、開発チームが車内ドライブテストに拘束さられる時間を25%削減できました。」

OEMインフォテインメント開ムリーダー

背景

国毎に交通警報、自動速度取締機通知、危険地帯警報に関する法律が異なります。欧州地域で車両は移動中に国境を簡単に越える可能性があり、ナビシステムは、適法性確保のために、これらの通知と警報の適宜調整が必要です。

例えば、英国でナビシステムは、固定式交通速度カメラと移動式交通速度カメラの両方を通知できますが、フランスに渡ると「危険ゾーン」を通知できますが、カメラの正確な位置は通知できません。ドイツでは、固定式速度取締機や移動式速度取締機の位置をユーザーに通知するデバイスの使用を禁止しているため、これらの機能はデフォルトで無効にする必要があります。

moldova-2553433_1280

スイス、キプロス、トルコ、マケドニアの法律では、すべての通知と自動速度取締機の警告が違法になっています。例えば、フランスからスイスへの車両が移動した場合では、インフォテインメント・ナビシステムが自動速度取締機の通知とリアルタイム警告を完全に無効にする必要があります。

チャレンジ

カーナビシステムの開発者が更に考慮すべき事項は、2022年に施行されるインテリジェントスピードアシスタンス規制です。2022年7月以降、すべての新車は制限速度をモニター・認識し、速度超過時に警告を発することが求められています。

これは、ナビシステム装備の如何に関わらず、すべての車両に適用されます。これらのシステムは、地図、カメラ、推測航法を組み合わせて機能させます。車両OEMおよびナビシステム開発者は、これらのシステムの路上テストが必要で、制限速度が正確に認識されたことを確認するための性能テストが必要です。

これらのテストは、都市および市街地道路と高速道路を含む300 km以上のルートで実施され、制限速度は全ルートの90%以上で正しく認識される必要があります。

ラボ自動化テストを利用して路上ドライブテストを強化

これらのテスト課題に直面しているOEMにとって、ラボテストの自動化は、実施される路上テストを強化するための良い方法です。通常、実世界の状況の複雑さと予測不可能性を表す唯一の方法は路上テストですが、再現性の欠如が問題となる開発者にとって、予測不可能性も固有の問題です。 GNSSシミュレーターを使用すると、完全な制御と再現性を備えたラボ条件でナビテストを再現できます。

ATAM-Connect-cobot-testing-

ナビシステムの自動化テスト

Nextgen ATAM Connectは、ナビシステムテストの複数要素を自動化するために、このようなシナリオで使用され、協働ロボットを使用してインフォテインメントシステムのタッチスクリーンと対話し、ナビシステムを制御し、GNSSシミュレーターを制御します。

携帯電話の制御は、Android AutoまたはApple CarPlay機能のサポートを提供するだけでなく、ナビシステム使用中に電話をかけたり受けたりするナビシステムのテストケースのサポートも提供します。 ATAM Connectは、文字、記号、その他のUIおよびマップイベントを認識できるCobot(協働ロボット)搭載のビジョンシステムを備えています。

 

man-5819617_1920

 

自動化された反復可能なGNSSドライブテストの強化

 

実際の路上走行テストでは、GNSSシミュレーターを使用し、後でGNSSシミュレーターを再生するためのドライブルートをキャプチャします。これにより、完全なシミュレーションドライブテストを、完全な再現性を備えたラボ条件で実行できます。ラボのテスト条件になったら、走行ルートの一部またはすべてを再生し、問題を特定して焦点を絞り、詳しく分析できます。

ナビシステム自動化テストに関するビデオがあり、さまざまな言語と音声認識の課題についても説明しています。 Nextgen ATAM Connectの詳細についてはこちらをごください。

 

Nextgen自動化テストサービスの詳細については、当社の専門家に連絡してください。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter