製品とコンパニオンアプリを同時にテストして、テスト時間とビジネスコストを削減する方法

Nextgen | 2022年8月24日 | ブログ投稿

< すべてのブログ投稿

コンパニオンアプリが重要な理由

今日、ほとんどのワイヤレスコネクテッド製品は、製品の制御と設定を可能にするコンパニオンモバイルアプリをユに提供しています。また、一部のコンパニオンアプリは、その製品のすべての制御とユインタフェイスを面に表示し、よりユ指向の機能を提供しています。

消費者の場合、自宅でアプリは、さまざまなAlexa技術、Google HomeApple HomeKitなどと統合して使用され、コンパニオンアプリを使用してスマト照明からエンタテイメントまで、各家庭でワイヤレスコネクテッド製品を統合できます。そして自動車でもモバイルアプリが標準となり、リモトコントロル、ナビゲション支援、サビス情報などを提供します。

モバイルコンパニオンアプリは、消費者だけがその恩恵を受ける対象ではありません。モバイルアプリは、アクセスポイント、照明、暖房システム、オフィスプリンタ、アクセス制御システムなどのデバイスを接、サビス提供、設定、統合し、存のビジネスプロセス、IT、インフラストラクチャーで構成され、企業でも一般的に使用されています.

ワイヤレスコネクテッド製品とコンパニオンアプリソフトウェアのサポト、サビス、センサは、それぞれのコンポネントが連携し、その機能に合わせて動作することで一つの「エコシステム」を形成していると言えます。

pexels-pixabay-356056-1

製品エコシステムの主要コンポネント

製品エコシステムは複で多ですが、一般的に5つの主要コンポネントがあります。

  1. コネクテッド製品ハドウェア - 一般に、プロセッサやシステムオンチップ(SoC)を備えて入出力を行う物理的なデバイスであり、家電製品やIPカメラなどを例にげることができます。
  2. センサ - 物理的なハドウェアに主に取り付けられていますが、取り外して別に動作することがあります。例えば、モーションセンサ力センサ、携電話での減センサ、暖房システムでの度センサ湿度センサなどです。
  3. 通信 - 送する方法とプロトコル、BluetoothWi-FiZigBeeなどのワイヤレス規格、USB、イサネット、シリアルなどの物理通信。
  4. ソフトウェア - 製品エコシステムを構成および管理したり、インタフェイスを提供したりデタを管理したりするソフトウェアおよびアプリケションであり、主にモバイルコンパニオンアプリに代表されるが、デスクトップベスまたは組みみの場合もあります。
  5. クラウドサビスとコネクティビティモノのインタネットの根幹で、クラウドサビスとコネクティビティ、デバイス、プラットフォムなど間のデタの保存と共有などです。

コンパニオンアプリ開者のための課題

製品のコンパニオンモバイルアプリが不可欠になっていることを考えると、モバイルアプリ開者が開中にアプリをテストしたり自動化しながら存のアプリのみをテストする方法では十分ではなく、製品ハドウェアを制御、モニター、またはアクセスする必要があることです。

従来の方法であれば、エンドツエンドのユー体験を反映したコネクテッド製品のモバイルコンパニオンアプリの自動化テストを作成することはほとんど不可能です。これにより、自動化テスト計に空白が生じる可能性があり、最終的に開者とQAムは、自動化ではなく労働集約型の手動テストプロセスを代わりに使用する必要があります。

これにより、製品エコシステムのいくつかの主要コンポネントが手動でテストされてきました。製品エコシステムの主な5つのコンポネントが開中に別にテストされ、製品に統合されると、将来のユーザー体を理解するために潜在的な不安要素がる可能性があります。最終的には、ユーザー体験にい影響を与えるリスクを包し、顧客の信と製品ブランド評判にもリスクをもたらします。

pexels-thisisengineering-3912958

製品全体のテストには、エンドツエンドの自動化が必要です。

コネクテッド製品をエンドユが使用するのと同様にエンドツエンドでテストすることが不可欠であるため、製品エコシステムのすべてのコンポネントを全体的に制御してテストする方法が必要です。 Nextgen ATAM Connectは、これらのニズをたし、開者が開中またはQAプロセスですべての要素をテストできるテスト方法論を提供するように設計された自動化テストプラットフォムです。 ATAM Connect自動化テストは、コネクテッド製品のハドウェア、統合センサ、入力デタを制御し、すべてのプロトコル、自動化されたモバイル(およびデスクトップ)コンパニオンアプリ、クラウドサビスとのインターフェイスを介したコネクティビティを確に確認し保証し、完璧なユーザー体験をテストできます。

Companion App YT video thumb3

自動化された製品エコシステムテストがビジネスコストを削減し、率を向上させる方法
  1. エンドツエンドの製品テストを使用すると、消費者が使用することを考慮してすべてのユスを完全にテストでき、テスト品質が向上します。
  2. 自動化を進めながら、エンジニアの直接作業を大幅に削減し、エンジニアリングチムのリソスを確保し、分析や製品開に集中できます。
  3. 製品ハドウェアテストでコンパニオンアプリを自動化すると、自動化が手動テストに代わるだけでなく、行できるテストケスのえ、製品、モバイルアプリ、コネクティビティ、クラウドサビス全体の際の使用をよりよく反映するそのため、テスト範えます。
  4. 3. 同じ期間にわたってテストデュティサイクルが加するにつれて、より長くテストし、製品接とアプリソフトウェアの方をテストして境界件を特定し、手動テストで見逃す可能性のある問題を発見できます。
  5. 製品エコシステムで製品とコンパニオンアプリの動作上の問題を最終的に見つけ、堅牢な製品と優れたユを提供する製品とコンパニオンアプリの発売により、社とブランドの高い評価を保証します。

ここをクリックすると、Nextgen ATAM Connectについてさらにぶことができます。

力なオトメションがコネクテッド製品とコンパニオンアプリをテストし、ユスケスに優れたユー体験を提供するのにどのように役立つかをごください。 こちらへご連絡下さい。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter