導入事例:医療機器-血圧計のテスト

Nextgen | 2020年12月23日 | ケーススタディ

< すべてのブログ投稿

グローバル医療機器メーカーの一社は、ユーザーが携帯電話を医療機器と接続して、テスト結果を同期する際に問題があるという市場の不満をApp Storeから受付しました。
主要端末メーカーの支配力が減少し、新たなブランドの人気が高まるにつれ、より広い範囲の機器において相互運用性テストを実行する必要性が増加しています。

市場でのニーズに迅速に応えるため、夜間にリグレッションテストを実施する場合が多いが、自動化がされない場合、時間と予算を超過する場合があります。

ATAMは、受動的な介入なしに、エンドユーザーの観点から、システム全体を確認できる自動化ソリューションを提供しています。

テスト設定

- ATAMは、モバイルデバイス(iOSとAndroid)だけでなく、テスト中の他のデバイスでも関連アプリを監視し制御することができます。

- 血圧計の場合、ユーザーのボタンとディスプレイのデジタルインターフェイスを追加して測定しました。デジタルインタフェイスを介してATAMは、ユーザーのボタンを押すことができ、エンドユーザーが期待するディスプレイに表示される内容を監視することができました。

- ATAMは、モバイルアプリケーションを実行している携帯電話(iOSとAndroidの)にも接続することができます。このアプリは、ATAMによって完全に制御することができ、タッチスクリーンのタッチ操作を実行し、画面上に表示された文字情報を確認することができます。

テスト機能の方法

次のメトリックは、テストで取得します。

すぐに確認

テスト中のデバイスの初期接続(ペアリング)を行い、さまざまなモバイルデバイスのPASS / FAILの結果を取得し、これを数千回繰り返すことが可能です。 PASS / FAILのほか、関連する性能メトリックが自動的に生成されます。 例えば、ペアリングを実行する時間は、Excel表に自動的に生成されます。

毎日の使用

血圧計の空気ポンプとソレノイドがアームバンドを膨張させるために、正常に動作してことを監視します。特定の圧力値に到達する時間を自動的にグラフに表示します。 測定が完了後ATAMは、新しいテストの結果が、携帯電話上で実行されているモバイルアプリケーションに正しく送信されたことを確認します。

結果

初期接続テストを1000回繰り返し実行し、テストサイクルの20%でテストに失敗した関連問題は、携帯電話がデバイスと接続できないという点で、メーカーのApp Storeで確認された不満と同じ問題を確認できました。

接続に成功した800サイクルの接続にかかった時間を、下のグラフで確認しました。フォンチャートは、接続時間が基準接続時間の+/-1秒の範囲での接続がされており、関連するプロセスが適切に制御されていることを示しています。

health-graph-1
下のグラフで毎日の使用テストは、400回実行されました。ほとんどの場合、アームバンドを3mHgに膨張させる時間は、12秒でした。 4回に渡って膨張するために時間が二倍かかる場合がありました。ビデオとテストログを使用して、この違いの根本的な原因を確認することができます。

health-graph-2

下のチャートは、2日目の使用テストの結果です。これは、テストの結果を携帯電話アプリに同期するのにかかる時間であり、合計100回行いました。

4回の転送に失敗し(失敗率4%)、App Storeで報告された顧客からの苦情を確認することができます。

health-graph-3
結論

開発プロセスでATAMを使用すると、顧客が一般的に経験する問題を実験室で再現し、製品発売前に、変更することができます。

回帰プロセスでATAMを使用すると、製品の改善事項を確認し、追加の問題がないことを確信できソフトウェアとハードウェアの改善を継続することができます。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter