自動化相互運用性テストのケーススタディ: ワイヤレスヘッドフォンへ重要なファームウェアアップデートの提供

Nextgen | 2021年3月12日 | ケーススタディ

< すべてのブログ投稿

Nextgen ATAMが、ワイヤレスヘッドホンの重要なワイヤレスファームウェアアップデートをテストしたことで、グローバルOEMが市場シェアを拡大。その方法とは。

Nextgen ATAMは、従来の半分の時間で、より多くのデバイスの広範囲の機能をテストできます。 さらに優れた点は、一方のビルドサーバーともう片方のデプロイメントサーバーに使用しているAPIを使用して、既存システムと統合できたことです。 この方法は、既存のインフラに適合しており、運用を合理化し、著しく効果的な利益をもたらしました。」

グローバルヘッドフォンOEM

高品質ワイヤレスヘッドフォンは、世界で最も需要の高い家電製品の1つであり、2020年から2026年の間に21%のCAGR(年平均成長率)が見込まれています。そして、2026年までに、世界市場は421億ドルの価値があると予測されています。しかし、その成長に伴い、OEMには大きなプレッシャーが掛かっています。

このような小型デバイスは、実際にミニコンピュータであり、接続したデバイスから高品質のオーディオを配信するだけでなく、機能も拡張しています。 ほとんどのモデルでは、Bluetoothと内蔵マイクを使用してユーザーが電話をかけることができます。 また、ヘッドホンをユーザーの耳から外すと、自動検知して電力を節約できます。

スマートホームアシスタントとの連携も普及しています。ヘッドフォンに数百ドルを費やすユーザーも多く、使用開始から、いつでも正常に機能することが当然だと思っています。

automated_interop_testing_earbuds_featured

課題

Nextgenは、ヘッドフォンのOEMから、最新のワイヤレスヘッドフォンの相互運用性を確保するための問い合わせを受けました。

デバイスの機能の複雑さが増すにつれて、問題が発生する可能性も増加しました。世界をリードする多くのヘッドフォンメーカーと同様に、このOEMは、コンパニオンアプリを通じて発行するファームウェアのアップデートで、市場に出回っている製品が既存デバイスと新しいデバイスの両方と互換性を維持できるようにしました。

このOEMの無線ファームウェアアップデートの全側面をチェックする自動化相互運用性テスト体制を提案することが課題でした。Nextgenのテストでは、大規模で成長しているユーザーベースに対して継続的なパフォーマンスと互換性を確保する必要がありました。また、ファームウェアのアップデートが頻繁に行われるため、迅速対応が必要でした。

当社の3つの課題は、優れたテストカバレッジを確保すること、テストプロセスの速度を最大化すること、手動テストを完全に自動化テストプロセスに置き換えることでした。

当社の対応

当社のエンジニアは、市場をリードする特許取得済みの自動化プラットフォームであるNextgen ATAMAutomated Test Application Manager)を活用した自動化相互運用性テストのセットアップを設計しました。

Nextgen ATAMをシステムの中心として構成しました。OEMのビルドサーバーでファームウェアのアップデートを自動的にチェックしました。ファームウェアのアップデートが見つかった場合は、メーカー、OSレベル、Bluetoothスタックの組み合わせを表すために特別に選択された10台のリファレンスモバイルデバイスのスイート全体で完全なテストプログラムを実行しました。テストでは、オーディオ品質と統合されたワイヤレス接続を、以前の手動テスト体制よりもはるかに詳細にチェックしました。

以下の3つのグラフは、実際のオーディオ品質テストの一部を示しています。

1. オーディオ波形の中断を示すオーディオストリームのドロップアウトです。

graph02

2. これが周波数変更のエラーを発生させました。

graph01

3. これにより周波数変更のエラーが発生したため、ギャップが非常に短いにもかかわらず、エラーとして検出されました。

graph03

ATAM Flexflowを活用した成功するシステムのプランニング

ATAM Flexflowは、このシステムの成功の主要な役割を果たしました。この視覚的なドラッグアンドドロップのグフィックインターフェイスにより、エンジニアはコーディングに手間を掛けずに詳細なテストシーケンスを作成できます。また、テストフローの作成をより簡単かつ迅速にするだけでなく、テストフローの潜在的な問題をより簡単に特定できるようになり、開始から終了まで、これまでより高速、正確にテストを行うことができます。

automated_interop_testing_case_study_image1

結果

Nextgen ATAMを導入したことで、ヘッドフォンOEMは、各ファームウェアビルドのテストにかかる時間を半分に低減すると同時に、テストするモバイルデバイスの数を2倍にすることができました。これに加えて、テストの項目も大幅に増加しました。自動化では、通話、音楽ストリーミング、オーディオ品質、接続性など、いくつかの機能にわたる各ファームウェアアップデートのパフォーマンスと互換性を調べました。

ファームウェアアップデートの都度、この自動テストプログラムからの一般的な質問は次のとおりです。

  • ペアリングはグリッチや問題なく機能しましたか?
  • 接続を長時間していましたか?
  • 各ヘッドホンで正常に音声が生成されましたか?
  • オーディオストリーミング中に中断はありましたか?
  • オーディオは正常に生成されましたか、または低音が大すぎましたか?
  • コンパニオンアプリは引き続き機能しましたか?
  • ユーザーは引き続き電話の発信/受信ができましたか?
  • 以前のすべての機能は、ファームウェアのアップデート(回帰テスト)ごとにそのまま機能しましたか?

Nextgen ATAMは、ビルドサーバーでファームウェアアップデートの可能性を自動的にチェックすることができました。テストの準備ができている場合は、参照モバイルデバイスでテストプログラムを自動的に完了します。また、ファームウェアのアップデートが完了した場合、Nextgen ATAMは、デプロイメントサーバーに自動的に配置し、コンパニオンアプリを介してユーザーにすぐに配布できるようにします。

スマートフォン市場に新しいデバイスが発売し続けているにもかかわらず、堅実なファームウェアアップデートにより、そのOEMの製品の信頼性が高く、長持ちし、高性能であるというエンドユーザーの信頼が高まり、市場シェアを獲得しました。

Nextgen ATAMによって、当社のファームウェア検証プロセスは完全に合理化され、テストの実行人員の削減ができました。ブランドエクイティや世界的な評価に対する不安を感じることなく、性能に自信を持って、すべてのユーザーにファームウェアアップデートを速やかに送信できるようになりました

グローバル ヘッドフォンOEM

Nextgenの自動化テストプラットフォーム(ATAM)が相互運用性テストを加速するためにどのように役立つのか、詳細をご覧ください。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter