BluetoothとWi-Fiの相互運用性テスト: 戦略具体化のための6項目のチェックリスト

Nextgen | 2021年9月29日 | ブログ投稿

< すべてのブログ投稿

製品市場投入の為の効果的なBluetoothおよびWi-Fi相互運用性テストは、今や製品の発売を成功させるための鍵となっています。これはビジネスに不可欠な活動であり、企業の継続的成長にとっての重要な戦略的アプローチが必要となります。

プロセスをきちんと定義することで、リスクを適切に管理し、より良い製品、より良い顧客体験、貴社により高い利益をもたらすことができます。

また、適切なアプローチができなかった場合、他社に競争優位な立場を奪われてしまうかもしれません。(Bluetooth SIG会員数は2015年から2019年の間に25%増加し、現在36,000人に達しようとしています。)早い段階から基本的な知識を身につけておくことが、かつてないほど重要になっています。

家電製品や産業用IoT分野において、今や相互運用性は重要な要素です。スマート・コネクテッド・ホーム、ビジネス・テクノロジー、プロセス・オートメーションが中心となっており、Bluetooth LE、Wi-Fi 6、Wi-Fi Mesh等の新技術の登場で、新製品や新しいユースケースが次々と生まれています。

継続的な成功を確保するためには、これまで以上に、構造化されたインテリジェントで合理的テスト戦略が必要となります。ここでは、その6つの基本をご紹介します。

1. 自動化の機会を取り入れる

大きな技術進歩の中で、人々や企業によっては不安を感じることがあります。しかし、自動化相互運用性テストは恐れるべきものではありません。

これは、人を失業させるものではありません。コネクテッドテクノロジーの設計・製造に携わる人々が、優れた結果を出し、複雑化するユースケースで確実に動作するデバイスを実現するために役立つものです。

最大利点の一つは、これまで不可能だったテストシナリオを現実のものにできることです。

例えば、倉庫や産業の現場では、大量の照明ノードをネットワーク化するためにBluetooth Meshがよく使われます。これは、Bluetooth Meshの最終製品認定の90%が照明に重点を置いていることを考えると、当然のことです。しかし、それはテストシナリオで要求される複雑さを現実に応えることができる唯一のテストソリューションです。

同様の要求は、Bluetooth LEブロードキャスティングのテストでも見られます。自動化は、使用者のシナリオが置換され拡張されたときに必要なテストカバレッジを達成できる適切な方法でこれ以上このような複雑なテストに対し憂慮する必要がありませんので積極的に活用しましょう。

2. 効果的なデバイス ライブラリの開発

テストは、貴社製品に適合する装置で実施する必要があるため、貴社は製品の正常動作する可能性のあるデバイスを使用する必要があります。つまり、特定の市販製品のみならずデバイスの使用年数(世代)と地域等の可用性の違いを調査・検討する必要があります。

コストと工数の両方の観点から適切なリソースを確保することは、成功するデバイスライブラリを開発するための鍵です。デバイスライブラリの開発と管理に直接関与したくない企業の場合、この責任を専門の相互運用性テスターに外注することもできます。

最終的に重要なことは、適切なデバイスライブラリにアクセスできることです。アクセスができないと、相互運用性テスト戦略を効果的に実施することはできません。

3. 相互運用性テストツールの為の予算

主要な分析ツールと自動化プラットフォームへの先行投資により、問題を発見したときの時間、労力、ストレスを節約できます。このログとトレースは、問題をすばやく特定するために役立ち、迅速な問題解決し、製品品質に対する確信を高めることができます。

エンジニアの教育も重要です。また、単なるツール以上のものが必要です。例えば、さまざまなデータセットを理解、分析、比較できる専門知識や、製品のデバッグを成功させるには、最新の知識が不可欠です。このように人的エンジニアリングリソースをスキルアップすることは、得られたリソースを使用してチームの全体的な有効性を高め、自動化を完全に補完することができます。

4. 製品ライフサイクル全体を通じてテストを継続

特に、デバイスのリリースのペースが速い今日の世界では、リリース前のテストだけでは不十分です。継続的なユーザー満足度を確保するには、新製品がリリースされる度に、デバイスと他のデバイス間の継続的な相互運用性を維持する必要があります。

市場テストとファームウェア更新の2つの面で戦略を立てる必要があります。この二面的なアプローチは、コストのかかる風評被害のリスクへの影響と顧客ロイヤリティ低下のリスクを確実に抑えるための唯一安全な方法です。

5. テスト結果の透明性を確保する

相互運用性テスト結果を公開することで、ライフサイクルを通じて製品をサポートすることへの信頼を構築できます。

これは気の遠くなるようなステップのように感じるかもしれません。ただし、誰が責任を負っていても、データを公開することで、顧客によるロイヤルティと信頼間が築かれます。

また、ユーザーが、発生しているデバイス障害ではない問題をより迅速に修正または理解することにも役立ちます。顧客は問題が発生する機器が分かれば、どこでサービスを受ける必要があるか知ることができます。

6. テストイベントの活用

Bluetooth UnPlugFest等のテストイベントは、自社製品の相互運用性を迅速に把握するのに最適です。また、将来リリースされる他社製品を見て、現在または将来のデバイスとどのように連動するかを知ることもできます。

自社のエンジニアリングチームやQAチームがこのようなイベントに積極的に参加することで、高い競争力を得ることができます。自社製品に関する知識は飛躍的に向上し、市場動向や近日中に発売されるデバイスについての理解も深まります。

BluetoothとWi-Fiの相互運用性テストへのスマートなアプローチ

BluetoothとWi-Fiの自動化相互運用性テスト戦略を立案することで、少なくとも今後数年間は、それに対する見返りを期待できます。

実際、BluetoothとWi-Fiどちらも、次世代のコネクテッドデバイスで引き続き主要な役割を果たすと予測され、貴社のテストプロセスに持続的な自信感持つことで、次の製品を成功裏に設計・開発する上で大きな成功につながるのです。自動化相互運用性テストを使用して、優れたコネクテッド製品を提供する方法についてのお問い合わせは、こちらまで

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter