BluetoothとWi-Fiの自動化相互運用性テストは製品チームのリスクをどのように軽減するか

Nextgen | 2021年3月12日 | ブログ投稿

< すべてのブログ投稿

広まりつつある「つながる世界」では、最初に広範なBluetoothとWi-Fiの相互運用性テストを実施せずにハイテク製品を発売することは、大きなリスクです。

BluetoothとWi-Fiの自動化相互運用性テストが、製造者が抱えるすべての負担を取り除くわけではありませんが、緊急性の高い懸案事項に対処することで軽減できます。

  • 新製品のユーザー体験は、十分高い水準に達していますか?

  • 製品を市場投入する前に、製品の品質を問題なく検証したと確信していますか?

  • 製品欠陥の数を、実際に可能な限り削減または排除しましたか?

  • 初期不良の詳細な根本原因分析を行い、風評リスクが組織の業績に影響を与える前に問題を解決できるようになりましたか?

次に、自動化が、テストプロセスを強化し、主要な利害関係者から経営方針に支持を得た上で、適切な時期に販売開始する方法を示します。

how-bluetooth-and-wifi-interoperability-testing-mitigates-risk

1. 広範囲のダイナミックテスト

BluetoothとWi-Fiの自動化相互運用性テストは、手動テストプロセスで達成できることよりもはるかに詳細なテストを正確に実行できます。

製品がさまざまな複雑なユースケースに対応するように設計されている場合、すべてのケースをチェックすることが重要です。 自動化により、幅広いテストケースに対応可能になり、迅速にテストできます。これは、複数の機能を同時に使用するテストシナリオが可能になるだけでなく、テスト戦略の基礎にもなります。

ATAM_bluetooth_wifi_setup3a

自動化では、機能を動的にテストすることもできます。たとえば、バッテリー駆動のデバイスを長期間テストして、製品のパフォーマンスに対する予備電力消耗の影響を正しく評価することができます。

2. 問題の特定

自動化相互運用性テストの強みは、問題の特定と説明責任です。 自動化テストプラットフォームは、人間が見逃しそうな隠れたバグを特定し、問題箇所を正確に特定し、詳細なバグレポートを提供できます。

自動化テストの結果、作成された詳細なログ、トレース、バグレポートにより、再現性、迅速な解決、市場投入までの時間の短縮を可能にします。

3. 負担の削減

製品開発の最終段階で、チームを拡大したり(かなりのコストで)長時間作業したりする必要がなくなり、時間を浪費することがなくなります。 自動化相互運用性テストは、テストエンジニアリングチームとQA部門の負担を軽減します。

その結果、開発担当者は、テスト戦略、分析、バグ解決などの問題についてより高いレベルで実行でき、自動化は実際のテストを完了するための要点を処理します。

4. 24時間年中無休で運用

手動テストにはメリットがあり、状況によっては適切な選択です。 しかし、テストエンジニアが現場にいない場合はテストを行うことはできません。

対照的に、セットアップが完了すると、BluetoothとWi-Fiの自動化相互運用性テストは、QAまたはテストエンジニアがいるかどうかに関係なく、一連のテストを実行できます。

テスト操作は、継続的インテグレーション、継続的開発(CI/CD)フレームワークの一部として、24時間年中無休で実行することができます。 エンジニアリングスタッフの準備が整うと、テスト結果、ログ、トレースなどを分析とアクションに利用できます。

Continuous integration devops

5. テストコストの削減

自動化テストには初期設定費用がかかります。 自動化は、テストプラットフォーム、トレーニング、セットアップへの投資など、少なくとも初期段階では手動テストよりもコストが高いと言えます。

しかし、時間が経つにつれて、自動化テスト実施にかかる継続的なコストは、規模が大きくなると経済性が高まり、減少し始めます。 一方、手動テストを実行するためのコストとリソースは、毎回同じテストリソースを必要とするので、比較的一貫しており、直線的です。

6. 固有のスケーラビリティ

自動化テストあたりのコスト削減に繋がっているのは、自動化相互運用性テストが本質的にスケーラブルであるからです。 これにより、メーカーは、人件費を比例的に増加させずにテスト容量を増やすことができます。

また、製品が開発やQAプロセスを経るにつれて、メーカーは実施するテストの数を早く増やすことができます。 したがって、人件費を削減しても、達成可能なテストの規模の柔軟性は変わりません。

7. 簡単なテスト比較

自動化テストは、手動テストよりも人的ミスがはるか少ないシステムです。 各テストは、QAまたはエンジニアリングチームが厳密に定義し、プラットフォームにプログラムし、プロセスのドリフトや計画外の変動なしに、必要な回数だけ実行します。

その結果、データに一貫性があるので、いつでも、どこでも、テスト結果を確信して、マージ、比較、分析することができます。

自動化相互運用性テストの将来性

BluetoothおよびWi-Fi相互運用性テストについて、状況と目的に応じて、手動と自動の両方を検討されると思います。しかし、自動化テストだけが、製品のすべての側面を確実にテストし、確信を持って市場に投入するために必要なテストの規模、深度、複雑性を提供できます。

御社のパフォーマンス、収益性、評価の向上に役立つ優れたコネクテッド製品を生産する方法について詳しくは、こちらまでお問い合わせください。

Share this post on:

Share on facebook

Share on linkedin

Share on twitter